生後0ヶ月の新生児から水が飲める!和光堂 ベビーのじかん 赤ちゃんの純水

和光堂赤ちゃんの純水500㎖(正面)ベビー用品
スポンサーリンク

断水等の影響によって飲料水が確保できない際に役立つ防災用品として携帯浄水器非常用飲料水袋を紹介しましたが、飲料水を確保できないと、赤ちゃんがミルクを飲むことができないです。

赤ちゃんは体重の7~8割が水分であり、汗っかきのため、大人以上に水分が足りなくならないよう気を付けなくてはなりません。

今回は、そんな赤ちゃんの味方になる「和光堂 ベビーのじかん 赤ちゃんの純水」を紹介します。

【和光堂 ベビーのじかん 赤ちゃんの純水の商品概要】

加熱殺菌済みで調乳に適した水

【和光堂 ベビーのじかん 赤ちゃんの純水の商品情報】

  • 販売元:アサヒグループ食品
  • 価格: 500㎖(オープン価格)、2ℓ(250円+消費税)

【和光堂 ベビーのじかん 赤ちゃんの純水を撮影】

商品(500ml)の正面を撮影

和光堂赤ちゃんの純水500㎖(正面)

商品(500ml)の側面を撮影

和光堂赤ちゃんの純水500㎖(側面)

商品(2ℓ)の正面を撮影

和光堂赤ちゃんの純水2ℓ(正面)

【和光堂 ベビーのじかん 赤ちゃんの純水のおすすめポイント】

生後0か月頃からの赤ちゃんから飲料水として使用可能

ミネラルと不純物を取り除き加熱殺菌済みであるため、新生児より飲料水として使用できる

調乳時の温度調節に便利

冷蔵庫で冷やしておいてミルクに足すとすぐ適温になるため、ミルクを作る時間を短縮できる

防災意識が高まる

赤ちゃん用飲料水を購入することで災害時に備え、他の赤ちゃん用の防災用品を調査したり、災害時の家庭内の情報共有ルール等を話し合うことで防災意識が向上する

赤ちゃんはミルクを欲しがっている時に限って蛇口から水が出なくなると、私なら途端にてんぱってしまうことが想像できます。

そんな時、「和光堂 ベビーのじかん 赤ちゃんの純水」があれば安心してミルクを作ることができます。

親が不安でいると赤ちゃんにも不安が伝わってしまいますので、常に、ペットボトル複数本を常備しておくことをおすすめします。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする