レンタルDVDが再生できない?原因の切り分けと対処法を解説!

レンタルDVDが再生できない対処法を順番に1つずつ解説!豆知識

レンタルDVDが再生できないので対処方法を知りたい

こんなお悩みにお答えします。


本ページの内容を読むと、レンタルDVDが再生できない場合の対処方法が把握できます。


また、DVDをレンタルしたレンタル店舗毎の対応も紹介するので、レンタルDVDが再生できない場合の参考にして下さい。

レンタルDVDが再生できない時の原因の切り分け

レンタルDVDが再生できない場合、下記の原因が想定されます。

  1. レンタルDVDの再生機器が非対応
  2. レンタルDVDのディスク汚れ
  3. レンタルDVDの再生機器の不具合
  4. レンタルDVDそのものの不具合

原因によって対処法が異なるので、1から順番に確認していきましょう。

レンタルDVDの再生機器が非対応

下記の再生機器ではレンタルDVDの動作保証がされていないです。

動作保証されていない再生機器
  • Play Station等の家庭用ゲーム機
  • パソコン
  • カーナビ

推奨されているDVD再生専用プレーヤーで再生できるか確認しましょう。

レンタルDVDのディスク汚れ

DVD再生専用プレーヤーで再生してる前提の場合、レンタルDVDのディスクの再生面の汚れを確認します。


汚れを取る素材と取り方は下記の通りで、間違っても「NG」のやり方でディスクを傷つけないよう注意します。

OKNG
汚れを取る素材柔らかい布ティッシュ
汚れの取り方放射線状に拭き取る円周状に拭き取る

レンタルDVDの再生機器の不具合

レンタルDVDのディスクの汚れを綺麗にしても、再生できない場合、自宅にあるDVD、また、他にレンタルしたDVDが再生されるか確認しましょう。

  • 再生される→レンタルDVDそのもの不具合
  • 再生されない→レンタルDVDの再生機器(DVD再生専用プレーヤー)の不具合

上記の通り、自宅にあるDVD、また他にレンタルしたDVDの再生した結果で不具合機器を見極めます。


レンタルDVDの再生機器(DVD再生専用プレーヤー)の不具合の場合、DVD再生専用プレーヤーの購入や、動画配信サービス(VOD)の利用に切り替える選択肢を考慮しても良さそうです。


>>【忙しい方向け】失敗しない動画配信サービスの選び方【30代前半男性の利用実態あり】

レンタルDVDそのものの不具合

レンタルDVDそのものの不具合と判断した場合、DVDをレンタルした店舗に問い合わせしましょう。


本ページではTSUTAYAとゲオの情報を下記にまとめています。

レンタルDVDが再生できない時の対応(TSUTAYA)

TSUTAYA公式サイトに記載の通り、電話またはメールでの問い合わせになります。

カスタマーサービス:0570-064-038(有料)受付時間:10:00~19:00(年中無休)
音声ガイダンス:宅配レンタル「1」を選択してください。
メールでのお問い合わせの場合は[こちら]

TSUTAYA DISCAS

レンタルDVDそのものの不具合と認定された場合の対応は下記の通りです。

  • 同じ作品のDVDと交換:在庫有の場合
  • 返金やサービスチケットと交換:在庫無の場合

レンタルDVDが再生できない時の対応(ゲオ)

ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
まずは下記をご確認ください。

【家庭用ゲーム機、パソコン、カーナビで再生していませんか?】
家庭用ゲーム機、パソコン、カーナビでの再生につきましてはディスクの仕様そのものが対応していない場合もあることから、弊社では動作を保証しておりませんのであらかじめご了解ください。

【Blu-rayディスクではありませんか?】
Blu-rayディスクは対応プレイヤー以外では再生できません。
作品タイトルに【Blu-ray】の表記があるものはBlu-rayディスクとなりますのでご注意ください。

上記に当てはまらない場合、以下の方法で再生できるようになる場合がございますので、お試しください。

【お試しください】
・再生面をメガネクリーナーなどの柔らかい布で中心から放射状に拭いていただきますと改善する場合がございます。
・プレイヤーのレンズの汚れが原因で読み取り精度が低下する場合がございます。市販のDVD・CDレンズクリーナーなどでクリーニングをお試しください。

上記の方法で症状が改善することがございます。改善しない場合は、大変お手数でございますが、「再生不良」と「再生不良状況」をできるだけ詳細に記したメモを同封の上、通常通りすべてのディスクを往復封筒にてご返送ください。
メモを同封いただいた場合、返却後こちらの再生機で再生確認を行った上で、状況に応じて対応を取らせていただいております。

返却されてきた再生不良のディスクは、返却処理完了後に研磨機で盤面を研磨しております。
そのため、メモをご同封いただけないとそのまま返却工程に回ってしまい、再生確認を行うことができません。その場合は、サポート対象外となりますのでご注意ください。

【ご注意いただきたい点について】
再生できなかったディスクの他にレンタルディスクがございます場合は、他のレンタルディスクをご視聴後、併せてご返却のほどよろしくお願い申し上げます。
※再生できなかったディスクのみを先行で送ることがないよう、お願いいたします。
先行でご返却された場合、残りのディスクの返送料金は実費となりますので、何卒ご注意ください。

ゲオ

ゲオは”「再生不良」と「再生不良状況」をできるだけ詳細に記したメモを同封の上、通常通りすべてのディスクを往復封筒にてご返送”する対応です。


メモを同封しないと、レンタルDVDが再生できない時と同じディスクの状況が存在しなくなるので、メモを忘れずに。


レンタルDVDそのものの不具合と認定された場合の対応は、返金やサービスチケットと交換ですが、対応内容は状況に応じるので、不具合認定時にゲオに確認しましょう。

まとめ:レンタルDVDが再生できない場合、再生できない原因を切り分けて対処法を考えましょう

本ページではレンタルDVDが再生できない場合の原因の切り分けと対処方法を紹介してきました。


せっかくレンタルしたDVDが再生できないとなると、テンション下がりますよね…


本ページの流れで原因が特定できれば、次にレンタルしたDVDが再生できなくなる可能性を下げられます。


ひと手間かかりますが、諦めずにレンタルDVDが再生できない原因特定と対処法を試してみ下さいね。

コメント