ダイソー おかゆカップ!100均でも離乳食作りで大活躍!

DAISOおかゆかっぷベビー用品
スポンサーリンク

我が家の子供は2週間程前から離乳食を始めましたが、離乳食を始めるにあたっては気を付けないといけないことが沢山あることを以前紹介した書籍「最新!離乳食新百科」から知りました。

離乳食の順番も気を付ける必要があるみたいですが、まず初めに子供が初めて口にする食べ物は日本人の主食である米を柔らかくした「おかゆ」だそうです。

その「おかゆ」を作る上でとても役立つ商品「ダイソー おかゆカップ」を紹介します。

※本ブログでは、他のDAISO製品も紹介しています。

【ダイソー おかゆカップの商品概要】

  • 5倍、7倍、10倍がゆの3種類を炊飯器に入れるだけで作れるカップ
  • お米とおかゆを同時に作れる

【ダイソー おかゆカップの商品情報】

  • 発売元:DAISO JAPAN
  • 価格:108円(税込)
  • 内容物:保存用フタ、カップ、スプーン(計量用)

【ダイソー おかゆカップを撮影】

商品のパッケージ表面を撮影

DAISOおかゆかっぷ

【ダイソー おかゆカップのおすすめポイント】

おかゆカップがシボ加工である

私達が食べるお米を炊く際に、「おかゆ」用のおかゆかっぷを炊飯器に入れ、白飯と「おかゆ」を同時に作ることができるが、その際におかゆカップがシボ加工であるため、おかゆかっぷの外側に炊いたお米がつきにくい

スプーン(計量用)にカップ取り出し用引っかけ部がついている

「おかゆ」が炊き上がった際、おかゆカップは高熱であるが、スプーン(計量用)の柄にカップ取り出しよう引っかけ部がついているため高温のおかゆカップに触ることなく炊飯器から取り出せる

【実際に離乳食作りにダイソー おかゆカップを使用してみて】

米の種類によるかもしれませんが、米を2時間浸した状態で「10倍がゆ」を作ってみると、炊きあがりの「10倍がゆ」に米の芯が残ったままでした。

その後、試行錯誤し 「10倍がゆ」を作る際は、米を6時間以上水に浸して水分を含ませた方が良さそうなことがわかりました。

※米の種類によります
従いまして、夜間仕込んで翌朝炊きあがるスケジュールがおすすめです。

「おかゆ」を作る回数は離乳食を作る機会がある家庭が多いかもしれませんが、家族の一人が風邪をひいて一人分の「おかゆ」を作りたいと思っている方にはうってつけの商品です。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする