ほうじ茶は何歳から飲める?和光堂 ベビーのじかん ほうじ茶 子供が飲める飲料を増やす!

WAKODOベビーのじかんほうじ茶ベビー用品
スポンサーリンク

我が家の子供は離乳食を始めてから、「和光堂 ベビーのじかん むぎ茶」と「京都一保堂のむぎ茶」を飲ませていますが、そろそろむぎ茶にも慣れてきたようなので、他のお茶も飲めるようになってもらいたいと思い、アカチャンホンポへ行ってきました。

アカチャンホンポでは色々な種類の子供用飲料水が売っていました。

今回はその中で実際に購入した「和光堂 ベビーのじかん ほうじ茶」を紹介します。

【和光堂 ベビーのじかん ほうじ茶の商品概要】

にがみを抑えた低カフェインのほうじ茶

【和光堂 ベビーのじかん ほうじ茶の商品情報】

  • 販売元:アサヒグループ食品
  • 原材料名:ほうじ茶(国産)/ビタミンC
  • 価格:オープン価格(500㎖)

【和光堂 ベビーのじかん ほうじ茶を撮影】

商品を撮影

和光堂ベビーのじかんほうじ茶

【和光堂 ベビーのじかん ほうじ茶のおすすめポイント】

生後1か月頃からの赤ちゃんから飲料水として使用可能

カフェイン量が一般的なほうじ茶の半分以下であり、生後1か月頃の赤ちゃんから飲料水として使用できる

ビタミンCを摂取できる

離乳食のお供としてほうじ茶を赤ちゃんに飲ませるだけで、ビタミンCを摂取できる

本商品は生後1か月くらいから赤ちゃんに飲ませることができる商品です。

1ヶ月を過ぎても

  • 母乳
  • ミルク
  • 湯冷まし

を積極的に飲まない赤ちゃんがいる方は購入検討をしてはいかがでしょうか。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする