小樽グルメでランチには若鶏時代なると本店!ブログでおすすめ理由を紹介!

若鶏時代なると本店の若鶏・海鮮丼セットおでかけ
スポンサーリンク

先週末、天気が良く暖かい日が続くという天気予報だったので、涼しい施設で週末を過ごしたいと考えていました。

家族で相談し、水族館が涼しいはずと考え、子供を連れて今までに行ったことがない、「小樽(おたる)水族館」へ行ってきました。

せっかく、小樽に行くので腹ごしらえをしてから「小樽(おたる)水族館」へ行くことになりました。

小樽グルメと言えば

  • 海鮮丼や寿司等の魚介
  • スイーツ

のイメージがある方も多いかと思いますが、

「若鶏半身揚げ」が有名な「若鶏時代なると本店」はご存知でしょうか!?

実際に「若鶏時代なると本店」の「若鶏半身揚げ」を食してきましたので、紹介します。

※ちなみに、海鮮丼や寿司もセットになっているので食べられます!

  • お腹いっぱい食べたい
  • 海鮮丼や寿司等の魚介を食べたい

方におすすめです!

若鶏時代なると本店へのアクセス

若鶏時代なると本店
  • 住所:〒047-0032 北海道小樽市稲穂3丁目16−16−13
  • 電話番号:0134-32-3280
  • 営業時間:11時から21時(ラストオーダー20時30分まで)
  • 定休日:なし
  • 公式サイト:若鶏時代なると本店
    メニューはこちら

公共交通機関の場合

JR小樽駅より国道5号線沿いを小樽水族館方面へ歩き(札幌と反対方向)ます。

竜宮神社前の信号機がある交差点の1つ手前の通り(セブンイレブン小樽船見坂下店がある通り)まで行き、その通りを海側の方へ歩き、2つめの通り(梁川通り)沿いにあります。

※JR小樽駅からの距離は372mで徒歩7、8分

自家用車の場合

国道5号線沿いをJR小樽駅を超えるまで進みます。

その後は、上記の公共交通機関の場合と同じ道順です。

案内図はこちらのページの左上の画像がわかりやすいです。

若鶏時代なると本店の駐車場情報

  • 収容台数:13台(4台と9台のエリアに駐車場が分かれています)
  • 料金:無料
    ※利用料金2,000円以上で稲穂パーキングの1時間無料サービス券を提供

稲穂パーキングの情報

  • 住所:〒047-0032 北海道小樽市稲穂3丁目19−10
  • 電話番号:0134-22-7749
  • 営業時間:24時間営業
  • 注意点:屋根有の駐車場ですが、駐車スペースが狭いため、大きい車は入らない可能性があります。

若鶏時代なると本店の店内情報

  • 座席数:270席
  • 喫煙室:なし(座席にて喫煙可)

若鶏時代なると本店のおむつ交換台情報

女性トイレの中におむつ交換台が1台分あります。
※奥さんが実際におむつ交換台を使用しておむつ交換しました。

若鶏時代なると本店のおすすめポイント

お腹いっぱい食べれる

「若鶏半身揚げ」がボリューム満点なので、お腹をいっぱいに満たすことが出来る。

海鮮丼や寿司等の魚介メニューもある

小樽グルメの定番である魚介メニューもあるので、魚介を食べに来る目的で小樽観光している人にもおすすめ

長時間待つことなく店内へ入れる

店内の座席数270席と多く、回転率が早いので、混雑時でも長時間待つことなく店内へ入れる。

若鶏時代なると本店の口コミ

若鶏時代なると本店で「若鶏半身揚げ」を実際に食べてみて

若鶏・海鮮丼セット:1,500円

若鶏時代なると本店の若鶏・海鮮丼セット

若鶏・寿司セット:1,500円

若鶏時代なると本店の若鶏・寿司セット

我が家の1歳の子供には

  • 冷奴:300円
  • 鶏そうめん:450円

を食べさせました。

冷奴は醤油をかけずに、鶏そうめんは麺と鶏肉を小さくちぎって、また、つゆを水で薄めて食べさせました。

全ての量を食べきることは出来ませんでしたが、しっかりとお腹いっぱい食べてくれました。

食事後、女性トイレにあるおむつ交換台でおむつを交換できたことは良かったです。女性がいる場合、子供連れでも食事できるお店です。

大人が注文した「若鶏半身揚げ」は鶏半身ということでお腹いっぱいになりました。

揚げたてでアツアツですが、

  • 鶏の皮がパリっと
  • 鶏のお肉はプリっとジューシー

で塩味がよく効いていて、とても美味しかったです。

「若鶏半身揚げ」が大きいので、小食の方は「若鶏半身揚げ」単品を注文しましょう。

一緒についてきた、寿司や海鮮丼も美味しかったです。

小樽で食事処を探している方は、一度、「若鶏時代なると本店」に足を運んではいかがでしょうか。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、エンタメ(映画含む)、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする