小樽観光で小樽(おたる)水族館へ!おすすめ理由や口コミをブログで紹介!

4
おたる水族館の看板 おでかけ
スポンサーリンク

先週末、涼しい施設で家族で過ごすため、「小樽(おたる)水族館」へ行ってきました。

過去に、「サンピアザ水族館」へ家族で行ったことはありましたが、「小樽(おたる)水族館」へは行くのは初めてでした。

「小樽(おたる)水族館」へ行く前に、小樽グルメで有名な「若鶏時代なると本店」で「若鶏半身揚げ」を食べてお腹いっぱいになっていましたが、「小樽(おたる)水族館」の隅から隅まで移動して楽しんだので、食後の良い運動ができました。

「小樽(おたる)水族館」では子供が楽しめる

  • オタリア・イルカショー
  • アザラシショー
  • ペンギンショー
    ※テレビ番組の月曜から夜ふかしで取り上げられた言うことを聞かないペンギンショー

等のイベントがあります。

我が家の子供もイルカショーをとっても楽しんでいました。

同じように小さいお子さんがいる家庭の方におすすめな水族館なので、「小樽(おたる)水族館」情報を紹介します。

小樽(おたる)水族館へのアクセス

おたる水族館の看板
  • 住所:〒047-0047 北海道小樽市祝津3丁目303
  • 電話番号:0134-33-1400
  • 営業時間:9時00分~17時00分(最終入館16時30分)
    ※営業時間は季節により異なりますので、公式サイトにて確認下さい。
  • 公式サイト:小樽(おたる)水族館

公共交通機関の場合

JR「小樽」駅まで

  • JR「札幌」駅よりJR函館本線小樽方面に乗車し、約40分後 JR「小樽」駅で下車。
  • JR「札幌」駅より札幌駅前ターミナル・1番のりば
    「高速おたる号(円山経由、または、北大経由) 」に乗車(約60分)し、「小樽駅前」で下車。

小樽(おたる)水族館まで

JR「小樽」駅前バスターミナル3番のりばより、10番「おたる水族館線」、あるいは11番「祝津線」 に乗車し、約20分後(11番の場合は25分後)「おたる水族館」で下車。

自家用車の場合

札幌方向から行く場合、国道5号線沿いをJR小樽駅を超えるまで進み、道道454号線に合流し、小樽祝津方面へ車を走らせます。

おおよそ、札幌中心部から1時間30分で小樽(おたる)水族館に着きます。

小樽(おたる)水族館の駐車場情報

おたる水族館から見た海岸

小樽(おたる)水族館に有料駐車場があります。

  • 大型車:1,000円
  • 中型車:800円
  • 小型車:600円
  • バイク:200円

駐車場の注意点

  • 大型車は乗車定員30名以上(補助席含む)の大型バス等です。
  • 中型車は乗車定員11~29名(補助席含む)のマイクロバス等です。
  • 小型車は乗車定員10名以下の乗用車等です。
  • 駐車料金は消費税込を表示しています。
  • 駐車料金は現金のみで先払いです。
  • 第二駐車場は車と車の幅が狭いので、車をぶつけないよう気を付けましょう。
  • 冬季営業期間の駐車料金は無料です。

小樽(おたる)水族館のおむつ交換台情報

正面玄関のキップ売り場横におむつ交換台がある授乳室があります。

  • 個室:2部屋
  • おむつ交換台:3台(個室1部屋に1台ずつと共用の授乳室スペースに1台)
  • その他設備:調乳用のお湯

その他に子供を連れて小樽(おたる)水族館へ行く際に気になる情報

ベビーカーを無料で貸してくれます。
ただし、台数に限りがあります。

  • 対象年齢:生後1ヶ月~48ヶ月
  • ベビーカー置き場:正面玄関入口、本館2階エレベーター横

小樽(おたる)水族館のおすすめポイント

様々なショーで楽しませてくれる

  • オタリア・イルカショー
  • アザラシショー
  • ペンギンショー
  • トドショー
  • セイウチのお食事タイム
  • ペンギンの海まで遠足
  • さわってEzone

上記のショーが開催されており、子供も大人も楽しませてくれる

子供連れでも安心の設備

  • ベビーカーの貸出
  • 授乳室
  • おむつ交換台の設備
  • 調乳用のお湯

が整っているので、小さい子供連れでも安心していける水族館である。

小樽(おたる)水族館の口コミ

小樽(おたる)水族館へ実際に行ってみて

イルカ

おたる水族館のイルカ

イルカショーは子供が釘付けになる程、楽しいショーでした。

イルカの運動神経の高さにはとても驚かされます。

ペンギン

おたる水族館のペンギン

テレビ番組の月曜から夜ふかしで取り上げられた言うことを聞かないペンギン達ですが、私が見に行った日は、飼育員さんの言うことをしっかり聞いていました。

トド

おたる水族館のトド

トドの拍手や波しぶきを上げる芸は、とても迫力がありました。

こちらも子供は釘付けになっていました。

炎天下なので、子供、大人ともに帽子を着用した方が良いです。

アザラシ

おたる水族館のアザラシ

子供が怖くてアザラシを見ることが出来ない程の泣き声?でアザラシは餌を欲しがるアピールをしていました。

タコの説明ボード

おたる水族館のタコの説明ボード

タコの情報が詳細に説明されていました。

よくよく、タコを間近で見ると、気味が悪いですね。。。

海のパノラマ回遊水槽のエイ等

おたる水族館の海のパノラマ回遊水槽

エイの大きさに驚くと共に、マサバの群れが綺麗に泳いでしました。

水槽の魚達

おたる水族館の魚達

色鮮やかな魚達が縦横無尽に泳いでいました。

子供はカラフルな魚が気になるようでした。

いかがでしたか。

屋外の海獣公園にいる時間も長かったですが、日陰に入り涼しい海風で気持ちよく過ごすことが出来ました。

ただし、日向に長時間いる場合、帽子を被ったり、水分補給等の熱中症対策は忘れずにしましょう。

子供と一緒に小樽観光する方は一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

コメント