自動車保険一括見積もりは大丈夫?デメリット2つとメリット3つを解説【自動車保険一括見積もりサイト3つの利用経験有り】

自動車保険一括見積もりの口コミは自動車保険一括見積もりサイト3つの利用経験より2つのデメリットとメ3つのリットを解説!保険

自動車保険一括見積もりが大丈夫か知りたい

こんなお悩みにお答えします。


本ページの内容を読むと、自動車保険一括見積もりが大丈夫か明確になります。


また、自動車保険一括見積もりの口コミ、デメリット、メリットもお伝えするので、自動車保険一括見積もりを利用する際の参考にして下さい。

自動車保険一括見積もりは大丈夫か?

自動車保険一括見積もりは大丈夫か心配かと思いますが、結論は大丈夫です。


理由は、下記の通りです。

自動車保険一括見積もりが大丈夫な理由
  • 自動車保険一括見積もりサイトで見積もりできる対象は、自動車保険大手の企業
  • 一括見積もり後、届くのはDMとはがきで自動車保険契約更新時期のみ


私は2019年12月、2020年11月に下記3つの自動車保険一括見積サイトを利用し、見積結果をもとに自動車保険に加入する会社を選定しています。

上記3つの自動車保険一括見積サイトの比較した結果は下記のページにて解説。


>>自動車保険一括見積サイト比較結果はこちら


自動車保険一括見積もりしてみたいけど、ネガティブな口コミやデメリットが気になる方も多いはず。


口コミを参考に下記より解説します。

自動車保険一括見積もりの口コミ

悪い口コミ

メールやDMが多数送られてくることを快く思わない方もいます。


ちなみに私は下記6社の自動車保険会社から見積を取りました。

  • SBI損害保険株式会社
  • チューリッヒ保険会社
  • アクサ損害保険株式会社
  • イーデザイン損害保険株式会社
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • 三井ダイレクト損害保険株式会社

実際に自動車保険一括見積もりを利用し、電話が来たことはありませんでした。


実際に送付されたメールやDM(はがき)は記憶の限り、30通

  • 最低でも18通:自動車保険一括見積もりサイト3つ分×自動車保険会社6社×メール
  • 最低でも12通:自動車保険一括見積もりサイト3つ分×自動車保険会社4社×DM(はがき)


30通が多いと方もいると思いますが…


メールやDM(はがき)は主に見積条件と見積保険料であり、自分が欲しかった情報なので、私は30通が多いとは感じませんでした。

中立的な口コミ

事故対応が良い自動車保険会社はとても魅力的ですね。


とは言え、極力、自動車事故にあわない、事故をもらわない運転を心がけることも大切です。

良い口コミ

保険料が安くなった方

代理店型自動車保険より、ダイレクト型(ネット型)自動車保険の方が自動車保険が安くなりますね。


理由は人件費、代理店手数料、店舗経費等が抑えられるからです。

キャンペーンに当たった方

これはオマケみたいなモノなので、当たらないと考えていた方が良さそうですね。

その他の口コミ

自動車保険一括見積もりは大丈夫か?デメリットとデメリットに対する対策、代替手段、考慮すべきこと

デメリット対策、代替手段、考慮すべきこと
メールやDM(はがき)が
定期的に送られてくる。
自動車保険一括見積時に
メールやDM(はがき)を
希望しないでおく。

※メールやDM(はがき)の
希望設定ができない場合も
あります。
自分が見積を取りたい
自動車保険会社の
見積が取れるとは限らない。
個別に自分が見積を取りたい
自動車保険会社の
サイトから見積を取る。

デメリットがないわけではありませんが、メリットを上回る程ではないと思います。

自動車保険一括見積もりは大丈夫か?メリットとその理由

メリットその理由
自分が該当する
ダイレクト型(ネット型)
自動車保険の保険料の
目安を把握できる。
各自動車保険会社の
ほぼ同一条件で
支払い保険料を
比較できるため。
条件を変えて何度も
ダイレクト型(ネット型)
自動車保険の見積を取れる。
各自動車保険会社の
一括見積料金が無料のため。
複数のダイレクト型(ネット型)
自動車保険見積を取る
負担(時間等)を軽減できる。
1回の補償条件入力で複数の
ダイレクト型(ネット型
)自動車保険の
見積が取れるため。

1回の手続きにて、複数のダイレクト型(ネット型)自動車保険会社の見積もりを貰えるので、複数社から見積もりを貰う手間はそこまで負担にならないと思います。

自動車保険一括見積もり結果の活用方法

活用方法は自分が希望する補償条件に対する、ダイレクト型(ネット型)自動車保険の保険料の目安を把握すること。


理由は下記の通りです。

  • 今まで契約していた自動車保険の保険料との差額がわかる


  • 自分が自動車保険に求める補償、保険料をどこまで払えるかの判断材料になる

もしもの時に役立つ、自動車保険は自分が一番納得できる形で、自動車保険会社を選びたいものです。


ただし、自動車保険一括見積もりした結果、保険料が一番安い自動車保険会社と契約するのは少し考えましょう。


理由は、自動車保険に一番求める補償が事故対応の手厚さと考えるからです。



私もそうだったんですが、保険料が安い自動車保険会社ではなく、事故対応評判が良い自動車保険会社を選んだ方が良いです。


万が一、自動車事故になってしまった場合、身体的、精神的負担は計り知れないからです。


ダイレクト型(ネット型)自動車保険の事故対応の評判はこちらの>>オリコン顧客満足度にてチェックしましょう。

まとめ:自動車保険一括見積もりは大丈夫なので、自動車保険一括見積もりサイトを使って保険料の目安を知ろう!

もし、自動車保険一括見積サイトを使ったことがない、あるいは、ディーラーや代理店の自動車保険と契約しているのであれば、自動車保険一括見積もりサイトを利用して、自動車保険金額や補償内容を考えてみるのが良いと思います。


自分が希望する補償条件に対し、ダイレクト型(ネット型)自動車保険の保険料の目安を把握すること


上記を把握できれば、現在契約している自動車保険の補償、保険料が納得できるサービスであるか検討する判断材料になるためです。




下記の3サイトの自動車保険一括見積方法は本ブログで解説しているので、詳細を知りたい方は下記のリンククリックで、本ブログでの別ページを参照願います。

また、自動車保険一括見積サイトを利用して実際に私が契約した自動車保険会社選定の流れも詳しく紹介しているので、参考にしてください。

>>30代前半アラサー男の自動車保険補償範囲と自動車保険契約会社

コメント