【国内旅行保険版】dカードゴールドと国内旅行保険会社の補償内容、保険金額を徹底比較【dカード GOLD】

【国内旅行保険版】dカードゴールドと国内旅行保険会社の補償内容、保険金額を徹底比較【dカードGOLD】豆知識
  • dカードゴールドの国内旅行保険の補償が足りるか知りたい
  • dカードゴールドと国内旅行保険会社の補償内容、保険金額を比較した情報を探している

これらのお悩みにお答えします。

本ページの信頼性、専門性

上記2つのページより収集した情報をもとにしています。

dカードゴールドの国内旅行保険の補償が足りるか知りたいですよね。


国内旅行へ行く際、テンション上がって旅行前日の夜はなかなか寝付けない私です。


話は逸れましたが、国内旅行保険に加入するかどうかの判断基準は、万が一に発生するアクシデントの費用を負担できるかどうかです。


私の場合、負担できる(個人賠償保険)ため、dカードゴールドの補償で十分となります。


一方、負担できない環境の方は、国内旅行保険の加入をおすすめします。


その理由含めて、本ページでは下記の内容を紹介します。

本ページで紹介する内容
  • dカードゴールドの国内旅行保険補償対象【dカード GOLD】
  • dカードゴールドと国内旅行保険会社の補償内容、保証金額の徹底比較
  • dカードゴールドと国内旅行保険会社の補償内容、保証金額の比較に関する注意点
  • 国内旅行保険を加入するべきか否かの判断基準

dカードゴールドの国内旅行保険補償対象【dカード GOLD】

補償対象項目dカードゴールドの補償対象
補償の対象者dカード GOLDを契約中の本人会員
・家族会員
補償期間dカード GOLDを契約している間
保険の対象国内旅行傷害保険

・航空機、船舶などの公共交通機関に
乗客として搭乗中に被った傷害

・旅館、ホテルなどに宿泊客として
滞在中に火災・破裂・爆発によって
被った傷害

・宿泊を伴う主催旅行(パック旅行)に
参加している間に被った傷害

国内航空便遅延費用特約

・国内航空便の遅延・欠航や、
手荷物配達の遅延・紛失などで
負担した宿泊料、食事代などの
一定の費用
補償の条件①公共交通乗用具に乗客として
搭乗中に被った傷害


dカード GOLDで公共交通乗用具の
搭乗費用等を支払っている

②旅館、ホテルなどに宿泊客として
滞在中に火災・破裂・爆発
によって被った傷害

次のいずれかに該当することが必要。
・カード加盟店で、旅行業者が
提供するノークーポンシステムを
利用し、dカード GOLDにて
宿泊施設の予約した場合

・カード加盟店で、ノークーポン
システムによらずに宿泊施設の
予約を行い、かつその代金を
チェックイン前に
dカード GOLD支払った場合

③宿泊を伴う主催旅行に
参加している間に被った傷害


dカード GOLD
主催旅行参加費用を支払っている

④国内航空便の遅延・欠航や、
手荷物配達の遅延・紛失などで負担

した宿泊料、食事代などの一定の費用

dカード GOLD
航空便の搭乗費用を支払っている
取扱保険代理店株式会社NTTドコモ
幹事引受保険会社東京海上日動火災保険株式会社

※ノークーポンシステムとは、カード加盟店である旅行業者に対して
dカード GOLD会員であることおよびdカード GOLDにより宿泊施設の代金を支払うことを告知して、宿泊施設の予約を行うシステムをさします。

dカードゴールドと国内旅行保険会社の補償内容、保証金額の徹底比較

下記の表はdカードゴールドと同じ程度の保険金額になる補償を価格ドットコム保険から算出し、補償内容と保険金額を比較したものです。

価格ドットコム保険の保険金額算出条件は下記の通り。

保険金額算出条件
補償内容dカードゴールド
本人会員/家族会員
au損保エイチ・エス損保AIG損保
会費または保険料11,000円:本人会員
無料:家族会員(1枚目)
1,100円家族会員(2枚目以降)
262円:
日帰り・1泊2日
400円:日帰り
410円:1泊2日
1,280円:1泊2日
傷害死亡保険金5,000万円500万円500万円1,000万円
傷害後遺障がい保険金200万円~5,000万円500万円500万円40~1,000万円
入院保険金(日額)5,000円4,000円5,000円15,000円
通院保険金(日額)3,000円1,000円1,500円2,000円
手術給付金手術の種類に応じて
入院保険金日額の
5倍または10倍
2万円
または4万円
5万円入院中の手術は
入院保険金日額の10倍
入院以外の手術は
入院保険金日額の5倍
乗継遅延による
宿泊・食事費用
2万円1万円
手荷物遅延による衣類
・生活必需品購入費用
1万円25万円

※自己負担額3,000円

※1個1組または
1対につき10万円限度
手荷物紛失による衣類
・生活必需品購入費用
2万円
出航遅延・欠航による
食事費用
1万円1万円
個人賠償責任5,000万円3,000万円3,000万円
救援者費用等補償特約200万円200万円300万円

dカード GOLDの国内保険はこちらの>>NTTドコモ公式サイトより2020年6月15日時点の収集

dカードゴールドと国内旅行保険会社の補償内容、保証金額の比較に関する注意点

dカードゴールドと国内旅行保険会社の補償内容、保証金額を比較しましたが注意点があります。

  • 比較した表は補償内容の概要を説明したものであり、保険商品内容の全てが記載されているわけではない

  • 国内旅行保険の契約にあたっては、必ず各社の「パンフレット」「約款」「注意喚起情報」「重要事項説明書」を確認すること

  • 前提条件により算出される保険料は異なる

上記3つの注意点があるため、保険料、保険の補償内容のイメージを把握するための情報として活用してください。

国内旅行保険を加入するべきか否かの判断基準

国内旅行保険に加入するべきか否かは個人賠償責任の補償を受けられるかどうかで判断するべきと考えます。


理由は下記の通り。

  • 他人やモノへ損害を与えた際の補償金額の上限が難しい

  • 自身が怪我しても「高額療養費制度」で1ヶ月の自己負担額が93,000円

    ※沢山稼いでる人は自己負担額は140,100円ですが、だいたい93,000円のところに収まると推測

    全国健康保険協会のページ参照


よって、自動車保険や火災保険等、他の保険の特約にて個人賠償責任をつけていれば、個人賠償責任の補償が適用されるため、あえて国内旅行保険に加入する必要はないです。

  • 国内旅行保険に加入する必要がない:dカードゴールド所有者で他の保険の特約にて個人賠償責任の契約をしており補償が適用される人

  • 国内旅行保険に加入する必要がある:他の保険の特約にて個人賠償責任の契約をしていない人

繰り返しますが、国内旅行保険に加入するかどうかの判断基準は、万が一に発生するアクシデントの費用を負担できるかどうか


なので私の場合、個人賠償責任の補償がないdカードゴールドで十分となります。


旅行はテンション上がって、ついついヤンチャな行動することもありますからね。

まとめ:個人賠償責任の補償が受けらるならdカードゴールドで十分

dカードゴールドと国内旅行保険会社の補償内容、保険金額を比較してきました。


dカードゴールドでは個人賠償責任の補償は受けられませんが、個人賠償責任の補償以外は十分な補償があると言えます。


乗り継ぎ遅延や出航遅延・欠航による食事費用も保険金支払われますからね…


なので、他の保険の特約にて個人賠償責任の補償を受けられるなら、新たに国内旅行保険に加入する必要がありません。


また、他の保険の特約にて個人賠償責任の補償を受けられる方で、頻繫に国内旅行へ行くならdカードゴールドへ加入する価値がありますね。


>>dカードゴールド公式サイトはこちら

コメント