佐藤勝利主演、髙橋海人、田中樹出演映画「ブラック校則」の感想!

ブラック校則映画
スポンサーリンク
kazu
kazu

こんにちは。

最近、観て面白かった映画情報を紹介します。

こんな方におすすめ
  • ドラマブラック校則を観ている
  • huluでブラック校則のドラマを観ている
  • 学校の校則に疑問を感じている、または学生時代に疑問を感じていた
  • 職場の理不尽な規則やしきたり、風習に疑問を感じている
  • 出る杭は打たれる社会、多様性を尊重しない社会にモヤモヤしている
  • ラップが好き

本ページでは下記の内容を紹介します。

本ページで紹介する内容
  • 映画作品情報
  • Twitter上の口コミ情報
  • 映画を観た感想

映画はとても面白かったので、ドラマを観ていない方にも映画館に足を運んでもらいたい作品でした。

映画作品情報

作品名ブラック校則
作品ジャンル青春
配給松竹
製作国日本
制作会社日本テレビ放送網
ジェイ・ストーム
公開年2019年11月
上映時間120分
監督菅原伸太郎

キャスト

映画での役名俳優
女優
他出演映画や
テレビ等
小野田創楽佐藤勝利SUMMER NUDE
ハルチカ
月岡中弥髙橋海人部活、好きじゃなきゃダメですか?
町田希央モトーラ世理奈21世紀の女の子
おいしい家族
松本ミチロウ田中樹劇場版 私立バカレア高校
映画 少年たち
上坂樹羅凛箭内夢菜雪の華
殺さない彼と死なない彼女
三池ことね堀田真由わろてんか
殺さない彼と死なない彼女
七浦啓太葵揚俺のスカート、どこ行った?
HiGH&LOW THE WORST
漆戸丈士水沢林太郎リーガル・ハート〜いのちの再建弁護士〜
俺の話は長い
東詩音達磨
田母神美南成海璃子瑠璃の島
平清盛
大多和美那子片山友希人間失格 太宰治と3人の女たち
東京アディオス
森有人吉田靖直(トリプルファイヤー)
月岡文弥戸塚純貴花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011
仮面ライダーウィザード
手代木豊星田英利(ほっしゃん。)UDON
酔うと化け物になる父がつらい
町田マリ坂井真紀君のままで
人間失格
井上外志雄光石研ハゲタカ
デザイナー 渋井直人の休日
法月士郎でんでん冷たい熱帯魚
神様のカルテ
ヴァージニア・ウルフ薬師丸ひろ子セーラー服と機関銃
1リットルの涙

予告動画

映画『ブラック校則』(11.1公開)予告編

あらすじ

さえない青春を生きていた高校生・創楽(佐藤勝利)と親友の中弥(髙橋海人)。彼らが通う高校には理不尽に生徒を縛り付ける校則=“ブラック校則”がはびこっていた。ある朝、登校してきた1人の女子生徒に創楽は心を奪われる。彼女の名前は希央(モトーラ世理奈)。生まれ持った美しい栗色の髪を黒く染めるよう強要された希央は、反発して不登校となり、退学寸前に。そして創楽と中弥は決意する。「ブラック校則をぶっ壊す!」。
1人では何もできなかった2人が、恋するあの子のため、そして500人の生徒の青春を取り戻すために、ブラック校則と大人たちに立ち向かう!恋と友情の行方は?果たしてブラック校則は?

ブラック校則公式サイト

Twitter上の口コミ情報(一部ネタバレ注意です)

「ブラック校則」を実際に観て(一部ネタバレ注意です)

  • huluのブラック校則は観ていませんでした、ドラマは全話観て映画を観ました。

    映画の「ブラック校則」を先に観るか、後に観るかはさておき、ドラマは絶対に全部観た方が良いです!

    なぜなら、映画のストーリーの一部分をドラマで深掘りしているからです。

    ドラマは1話30分なので、サクッと観れます。

    過去の全ドラマ(5話分)は2019年11月16日時点で>>huluからのみ配信されています。





  • 町田希央の離婚して一緒に住んでいないお父さん、映画の終盤に出てきたけど、まさかあの人だったとは…

    映画のストーリーを集中して観れていましたが、全く、伏線に気付かなかった…



  • 町田希央を演じるモトーラ世理奈の色々な表情が映画に引き込ませてくれました。
    悲しい、期待する、不満げ、楽しい等…


  • 東を演じる達磨は吃音症だけどラップに救われた設定のキャラクターですが、実生活も同じ境遇。

    演技がとてもリアル、かつ、ラップも心に響くものがあり、吃音症の方だけでなく、色々な方に勇気や希望を与えてくれこと間違いないです!

    ラップ以外のお芝居は初めてなりに東詩音として演じさせて頂きましたが、吃音症を持ちながらラップが好きという東詩音のキャラクターと自分は同じ境遇だったので、クライマックスシーンでは半分、自分自身を出すつもりでラップと演技をさせて頂きました。またそこに仲間が校則に苦しめられていて、それを助けたいという気持ちが自分の過去と重なる部分があったため、その時の自分に置き換えて演じました。

    映画ナタリー

    >>映画ナタリーのページに達磨の上記コメントがありましたが、こちらもグッときますね…


  • 「ブラック校則」のほっしゃん。が演じる手代木豊みたいな先生、自分が学生の時にも同じような先生いたなと振り返りました。

    一緒に映画を観た奥さんも同様の感想を…


    令和の時代には通用しない指導方法ですが、当時から皆なにかしら疑問は感じてもやもやしていたかもしれないですね…

    今の学生さんは手代木豊みたいな指導方法、あるいは校則についてどのように感じているのか気になりますね…


  • 伏線の回収の仕方が気持ちよかった!
    ※奥さんの感想


  • 佐藤勝利はイケメンアイドルなのに、地味で冴えない陰キャラを演じきっているところが秀逸!
    ※奥さんの感想


  • 「ブラック校則」の映画観終わると、Sexy Zoneの「麒麟の子」何十回もリピートしてます!事前にCD購入してくれて良かったです!

まとめ

久しぶり(3年ぶり?)に映画館で観た映画が「ブラック校則」でしたが、120分があっという間でした。

日常生活やモヤモヤした日々を過ごしている方は、是非とも、映画館へ足を運んでもらいたい作品です。

年齢は全く関係ないです。

映画を観終わった後は、前向きな気持ちや吹っ切れた気持ちになれます。

こんな方におすすめ
  • ドラマブラック校則を観ている
  • huluでブラック校則のドラマを観ている
  • 学校の校則に疑問を感じている、または学生時代に疑問を感じていた
  • 職場の理不尽な規則やしきたり、風習に疑問を感じている
  • 出る杭は打たれる社会、多様性を尊重しない社会にモヤモヤしている
  • ラップが好き

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、エンタメ(映画含む)、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする