赤ちゃんにはちみつをなめたり食べてしまうのはなぜだめ?理由はボツリヌス菌が原因の「乳児ボツリヌス症」

乳児ポツリヌス症豆知識
  • 赤ちゃんにはちみつを与えてはいけない理由を知りたい
  • 乳児ボツリヌス症について調べている

上記のお悩みにお答えします。

結論から申し上げますと、生後1歳未満の赤ちゃんに「はちみつ」を絶対にあげてはいけません。

これからママ、パパになる方、孫が産まれる方、周囲に生後1歳未満の赤ちゃんがいる方は必ず覚えてもらいたい知識です。

そこで本ページでは、消費者庁、厚生労働省のホームページより収集した情報をもとに下記の内容を紹介します。

本ページで紹介する内容
  • 乳児ボツリヌス症について
  • 生後1歳未満の乳児にはちみつを与えてはいけない理由
  • 乳児ボツリヌス症の主な感染源
スポンサーリンク

乳児ボツリヌス症とは

生後1歳未満の乳児においては、腸内環境が成人とは異なり、腸管内でのボツリヌス菌の定着と増殖が起こりやすいとされます。ボツリヌス菌は、芽胞(がほう)を形成しますが、この芽胞で汚染された食品を乳児が食べると、腸管内で発芽、増殖して、毒素を産生して乳児ボツリヌス症を発症することがあります。

症状は、便秘が数日間続き、全身の筋力低下、脱力状態、哺乳力の低下、泣き声が小さくなる、特に、顔面は無表情となり、頸部筋肉の弛緩により頭部を支えられなくなるといった症状を引き起こすことがあります。ほとんどの場合、適切な治療により治癒しますが、まれに亡くなることもあります。

消費者庁

ボツリヌス菌とは

ボツリヌス菌は、乾燥や熱に強い「芽胞(がほう)」を形成する菌で海、川、湖や土壌に広く存在しています。「芽胞」は、酸素の少ない状態で発芽して増殖し、極めて強い毒素を産生します。また、芽胞の状態では、一般的な細菌と異なり、100°C数分間の加熱でも生き残ることがあります。

消費者庁

生後1歳未満の乳児にはちみつを与えてはいけない理由

大人の場合、ボツリヌス菌が体内に入っても、他の腸内細菌との競争に負けてしまうため、問題になることはありませんが、乳児の場合は、腸内細菌の環境が整っておらず、ボツリヌス菌が増えて毒素を作ってしまうことがあるからです。

生後1歳以上になると、離乳食等により腸内環境が整う時期となるため、ハチミツを避ける必要はありません。ハチミツは栄養価の高い食品ですが、生後1歳以上になってから与えましょう。

消費者庁

乳児ボツリヌス症の主な感染源

こちらの消費者庁が開示している資料を参照すると主な感染源は下記の通り原材料にはちみつが使用された飲食品です。

  • スイーツ類
  • パン
  • ジュース
  • 黒糖
  • コーンシロップ
  • 自家製野菜ジュース
  • 井戸水等

まとめ:生後1歳未満の赤ちゃんの食べ物にはちみが入ってないか徹底チェックしよう!

ボツリヌス菌は熱に強いので、通常の加熱や調理で菌が死ぬことはありません。

そのため、生後1歳未満の赤ちゃんが食べるものに「はちみつ」が入っていないか、必ずママ、パパ、あるいはご飯を食べさせる方は確認しましょう!

コメント