群馬富岡の名物吉田七味店の唐辛子をお土産に!もつ煮やうどんのアクセントに!

吉田七味店の唐辛子の袋の表面お土産
スポンサーリンク

群馬県富岡市と言えば、 世界遺産に登録されている「富岡製糸場」 が有名ですよね!?

「富岡製糸場」は明治5年に主な建造物が完成し操業が開始されたようですが、同じ明治時代に創業した老舗店吉田七味店の唐辛子をお土産に頂きました。

群馬のソウルフードである、もつ煮や鬼ひも川うどんにも合うこと間違いなしですので、唐辛子を紹介します。

【吉田七味店の唐辛子の商品概要】

  • 中辛と大辛の唐辛子
  • 吉田七味店は明治29年創業の老舗唐辛子店

【吉田七味店の唐辛子の商品情報】

  • 製造者:(有)吉田七味店
  • 価格:540円(税込)/缶(吉田七味店WEBショップ)
  • 内容量:10g/缶
  • 原材料:胡麻、青のり、唐辛子、みかんの皮、麻の実、山椒、しそ

【吉田七味店の唐辛子を撮影】

商品の袋の表面を撮影

吉田七味店の唐辛子の袋の表面

商品の袋の裏面を撮影

吉田七味店の唐辛子の袋の裏面

商品をかけた椎茸を撮影

吉田七味店の唐辛子をかけた椎茸

【吉田七味店の唐辛子のおすすめポイント】

様々な料理に活用

味噌汁、漬物、納豆、豆腐、うどん、そば、卵かけごはん等の様々な料理に活用することができる

【吉田七味店の唐辛子を実際に食べてみて】

唐辛子を口に入れた瞬間に唐辛子の香りが鼻から抜けていきました。

中辛は辛みをあまり感じることがないので、唐辛子の辛さが苦手な人も香りを楽しむことができます。青のりの風味も強めです。

一方で大辛はピリッとした辛さがありました。

地元の人々には大辛の方が人気のようです。

大辛、中辛共に唐辛子の香りが特徴的なので、シンプルな料理によく合う唐辛子です。

群馬県富岡市に行った際のお土産にいかがでしょうか。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、エンタメ(映画含む)、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする