非常食のアルファ米はどこに売っている?尾西の山菜おこわ

尾西の山菜おこわレビュー
スポンサーリンク

前回、長期保存食として役立つアルファ米「尾西の田舎ご飯」を紹介しましたが、今回は尾西のごはんシリーズ「尾西の山菜おこわ」を紹介します。

※他にも下記の尾西の保存食を紹介しています。

【尾西の山菜おこわの商品概要】

  • 山菜たっぷりのもっちりおこわ(お湯や水を適量加えるのみ)
  • スプーン付き

【尾西の山菜おこわの商品情報】

  • 発売元:尾西食品株式会社
  • 価格:410円(税込)(亀田製菓ネットショップ10袋入り4,104円(税込)より算出)
  • 原材料名:もち米(国産)、うるち米(国産)、調味粉末(食塩、かつお節エキス粉末、ぶどう糖、ぶどう糖加工品、でん粉)、味付乾燥具材(水煮わらび、水煮ぜんまい、水煮えのき、水煮細竹、水煮ふき、醬油風調味料、かつお節エキス、砂糖、食塩、乾燥きくらげ)/調味料(アミノ酸等)、香料、ソルビトール、酸味料
  • 内容量:100g ※市販のおにぎり(約100g)2.5個分ぐらいの量
  • 出来上がり量:210g
  • カロリー:359㎉
  • 保存期間:製造日より5年

【尾西の山菜おこわを撮影】

商品の正面を撮影

尾西の山菜おこわ

【尾西の山菜おこわのおすすめポイント】

調理が簡単

お湯や水を適量加えるだけで、山菜おこわを食べられるため、子供でも調理することができる

簡単にわらびを食べれる

少し手間のかかるわらびのあく抜きをする必要がなくわらびを食べることができる。

長期保存が可能

5年の長期保存が可能なため、災害時等の非常食として役立つ商品である

山菜おこわを一から作るのは少し手間がかかりますが、この商品は水やお湯を注ぐだけで山菜おこわを食べることできます。

保存食にもなるので、是非とも購入を検討してみて下さい。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、エンタメ(映画含む)、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする