ほっこりエピソードやイラストが満載の書籍は?大家さんと僕をブログで紹介!

4.5
大家さんと僕の表紙レビュー
スポンサーリンク
  • ほっこりした気持ちになりたい!
  • イライラした気持ちを切り替えたい!

本ページは上記の疑問を抱えている方の悩みにお答えできる記事になっています。

なぜなら、これから紹介する「大家さんと僕」を読んでイライラした気持ちから切り替えることができたからです。

記事の前半では「大家さんと僕」の書籍情報、記事の後半では口コミ、おすすめポイントを紹介します。

本ページの記事を読み終えると、「大家さんと僕」を読んで「ほっこりしそうな」理由がわかると思います。

ほっこりエピソードとイラストが満載な書籍概要

  • 矢部太郎さん(芸人)と大家さんの実際にあったやり取りを漫画化した書籍
  • 芸人初の、第22回手塚治虫文化賞短編賞受賞作品
  • 累積売上50万部(9/3付オリコン週間BOOKランキング)

大家さんと僕の書籍情報

  • 発売日:2017/10/31
  • 形式:単行本(ソフトカバー) 128ページ
  • 出版社: 新潮社
  • 著者:矢部太郎
  • 価格:1,000円+消費税
  • ISBN-13:978-4103512110

書籍を表紙を撮影した画像

書籍の表紙を撮影

大家さんと僕の表紙

口コミ

おすすめポイント

大家さんとの距離感が絶妙

一般的な大家さんと住人という距離感ではなく、矢部太郎さんを自分の息子のような友達のような距離感(個人的な所感)で接している

矢部太郎さんの優しい人柄

最初、大家さんとの距離感に戸惑いながらも、徐々に日常生活において大家さんが必要不可欠な存在となっていく

小さい子供でも楽しく読める

書籍は漫画であるため、小さな子供でも簡単に読むことができる

本を読み終えた後、ほっこりする

矢部太郎さんの優しい人柄や大家さんの上品な人柄が相まって、本を読み終えた後は心地良い気持ちになれます

大家さんと僕を実際に読んでみて

ここでは本の詳細について、あまり書くことはできませんが、活字が苦手な私でもすらすらと読めました。ネガティブな感情を抱えている時等、気分を切り替えることができる作品でした。

イラストも多い点が読みやすかった要因だと思います。

大家さんと矢部太郎さんのキャラクターがそれぞれ、暖かい人間味あり、ネガティブ感情が入る隙を与えてくれませんでした。

ほっこりしたい気持ちになりたい方は是非読んでみて下さい。

下記の書籍は「大家さんと僕」の続編です。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする