長野小布施名物栗菓子が丸井今井札幌の期間限定催事で!小布施堂のモンブラン

小布施堂のモンブランおでかけ
スポンサーリンク

札幌では昨日、68年ぶりに「9日連続の真夏日」でしたが、今日は雨が降り最高気温も24℃と予想されており、「10日連続の真夏日」にはならなそうです。

少しでも気温が落ち着くと、秋が近づいてるなと実感します。

秋は

  • 食欲の秋
  • 読書の秋
  • スポーツの秋

等と言われていますが、その中でも私にとって一番身近なものは「食欲の秋」です。

そんな中、2019年8月1日木曜日から15日木曜日の間、丸井今井札幌本店大通館地下2階特設会場にて長野の老舗栗菓子店の「小布施堂」が期間限定出店しています。

「小布施堂」の銘菓「モンブラン朱雀」は一度、長野のお店で食べてみたいなと思っていました。

「モンブラン朱雀」程のボリュームはありませんでしたが、「小布施堂」の「モンブラン」が栗菓子として札幌でも販売されていましたので、早速、購入しました。

栗好きにはたまらない栗菓子なので、今回、紹介します。

【小布施堂のモンブランの商品概要】

  • 長野の老舗栗菓子店「小布施堂」が販売している栗の味が濃厚なモンブラン
  • 「小布施堂」は明治30年代(1897年~1906年)に創業

【小布施堂のモンブランの商品情報】

  • 発売元:株式会社小布施堂
  • 価格:601円(税込)
  • 保存方法:10℃以下で保存
  • 内容量:72g
  • 原材料:栗(国産)、生クリーム、砂糖、卵、薄力粉、バター、牛乳、卵黄、(一部に乳成分・卵・小麦を含む)

【小布施堂のモンブランを撮影】

商品を撮影

小布施堂のモンブラン

商品の断面を撮影

小布施堂のモンブランの断面

【小布施堂のモンブランのおすすめポイント】

幸せな気分になれる

栗の

  • 香り

が濃厚でボリュームもあるので、モンブランを食べるだけで、贅沢で幸せな気分になれる

【小布施堂のモンブランを実際に食べてみて】

モンブランの値段は601円(税込)と決して安い価格ではないですが、601円払ってモンブランを購入するだけの価値はあります。

濃厚な栗の香りと味が何とも言えない味わいで、とっても美味しく、モンブランを食べているだけで、贅沢している気分になれました。

8月15にまで丸井今井札幌本店に期間限定で出店しているので、

  • お盆休みにゆっくりくつろぐ
  • お盆休みのお土産

に購入してはいかがでしょうか。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、エンタメ(映画含む)、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする