本物のししゃも産地はむかわ! 時期が限られる!類似の魚は?

むかわ産のししゃも(焼いた後)の身レビュー
スポンサーリンク

皆さんもご存知でしょうか?

通常、スーパー等で販売されている「ししゃも」は「ししゃも」ではないといことを・・・

どういうことかと言いますと、通常、スーパー等で販売されている魚は通称「樺太(カラフト)ししゃも」と言われる「カペリン」です。
※「ししゃも」は北海道南部、太平洋側にのみ生息する特産種

私は小さい頃から実家で食べていた「ししゃも」(恐らく「樺太ししゃも」)は身がパサついているような食感だったので、あまり好きではありませんでした。

しかし、大人になってからむかわ町に出向いて食べた期間限定の「ししゃも寿司」を食べてから、10月~11月は「ししゃも」を食べることが定着する程、好きになりました。

そこで、むかわ産の「ししゃも」を紹介します。

【本物のししゃも産地】

ふわふわのむかわ産のししゃも

【本物のむかわ産ししゃも情報】

  • 発売元:カネダイ大野商店
  • 価格:1,000円(1串=10尾)(中/オス)(カネダイ大野商店HPより)
    (2018年11月価格改定)

【本物のむかわ産ししゃもを撮影】

商品の焼く前を撮影

むかわ産のししゃも(焼く前)

商品の焼いた後を撮影

むかわ産のししゃも(焼いた後)

商品の焼いた後(身)を撮影

むかわ産のししゃも(焼いた後)の身

【本物のむかわ産ししゃものおすすめポイント】

脂が乗って身がふわふわ

ピンク色に輝き脂の乗った身がふわふわで、口の中に入れると瞬く間に「ししゃも」の旨味を感じることができる美味である

【本物のむかわ産ししゃもを実際に食べてみて】

夫婦2人で10尾、1人5尾ずつ食べましたが、ものの5分くらいで完食してしまったと思います。もう少し味わって食べれば良かったかもしれません。

むかわ町は北海道胆振東部地震で被災した地域であります。

復興支援になるかはわかりませんが、同じ道産子としてむかわ産の「ししゃも」を購入し、少しでもむかわ町に貢献できればと思っております。

むかわ産の「ししゃも」を食べてしまったからには、もう「樺太ししゃも」は食べられなくなってしまうくらい美味しい魚です。

同じ大きさでも身が「樺太ししゃも」より「ししゃも」の方が多いように感じられます。

※子供がいるので、毎回、本物の「ししゃも」だけを食べるという生活は難しそうですが・・・

1年でこの時期しか漁を行うことができないので、本ページを訪れた方には是非とも一度、本物の「ししゃも」を味わって頂きたいです。

味は間違いないので購入検討してみて下さい。

本ブログではししゃも寿司が食べられる下記のお店も紹介しています。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、エンタメ(映画含む)、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする