柴舟小出のきんつばは金沢の老舗店!伝統銘菓の柴舟も生産、販売!

柴舟小出の真ん中で二つに切ったきんつばお土産
スポンサーリンク

2018年10月11日(木)~16日(火)の間、

東急百貨店さっぽろ店で

「第43回いしかわ百万石物語 加賀百万石店」

という祭典が開かれております。

そこで義母が和菓子好きの私にお土産に「柴舟小出のきんつば」を買ってきてくれましたので、今回はそのきんつばを紹介します。

【柴舟小出のきんつばの商品概要】

  • 小豆の食感が楽しめる柴舟小出のきんつば
  • 柴舟小出は伝統銘菓の柴舟(加賀百万石の伝統銘菓)を生産、販売している1917年創業金沢のお店

【柴舟小出のきんつばの商品情報】

  • 発売元:柴舟小出
  • 原材料名:砂糖、大納言小豆、小麦粉、餅粉、卵、寒天、塩

【柴舟小出のきんつばを撮影】

商品のパッケージ表面を撮影

柴舟小出のきんつばパッケージの表面

商品のパッケージ裏面を撮影

柴舟小出のきんつばパッケージの裏面

商品を撮影

柴舟小出のきんつば

商品を真ん中で二つに切って撮影

柴舟小出の真ん中で二つに切ったきんつば

【柴舟小出のきんつばのおすすめポイント】

小豆の食感を感じられる程の大きさ

小豆のサイズが大きく小豆の食感を楽しみながらきんつばを食べることができる

甘いものが苦手な人でも食べられる甘さ

甘いものが苦手な人でも食べることができる甘さが控えめなきんつばである

【柴舟小出のきんつばを実際に食べてみて】

あったかい緑茶を飲みながらきんつばを食べて、まったりとした時間を過ごすのに最適な和菓子だと思います。

私は、本日から始まったプロ野球のCSシリーズを観ながらきんつばを食べていましたが、

応援しているチーム(北海道日本ハムファイターズが負けてしまいました)が終始劣勢の展開でしたので、きんつばを食べるペースが、つい、早くなってしまいました。

裏を返せば、沢山食べられる程、甘さが抑えられているということです。

甘さが苦手な方へのお土産に購入検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、エンタメ(映画含む)、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする