災害時の備蓄用の水タンク!アイリスオーヤマ非常用飲料水袋10L用MB-10

4.5
アイリスオーヤマ 非常用飲料水袋 10L用 MB-10(正面)レビュー
スポンサーリンク
奥さん
奥さん
  • 防災用品を揃えたいが何を買えば良いかわからない
  • 日常生活で収納場所を取らない水タンクってある?

上記のお悩みにお答えします。

これから紹介する「アイリスオーヤマ非常用飲料水袋10L用MB-10」を、平成30年北海道胆振東部地震発生時、断水に備えて水道水の20ℓ確保に使用しました。

万が一、断水になっても水道水20ℓを確保できている安心感は、自然災害発生時の精神的負担を軽減させてくれました。

皆さんにも防災用品として携帯浄水器を常備してもらいたいので、今回、下記の内容を紹介します。

本ページで紹介する内容
  • 商品情報
  • おすすめポイント
  • 実際に使用した感想

商品概要

非常用の飲料水保管袋
※長期保存用ではありません

商品情報

  • 発売元:アイリスオーヤマ
  • 価格:568円+消費税(>>アイリスプラザ)
  • 重量:約85g
  • サイズ:約38㎝×56㎝
  • 適応量:10ℓ
  • 材質:ポリエチレン

商品を撮影した画像

商品の正面を撮影

アイリスオーヤマ 非常用飲料水袋 10L用 MB-10(正面)

商品の裏側を撮影

アイリスオーヤマ 非常用飲料水袋 10L用 MB-10(裏側)

商品に水を入れた状態で撮影

アイリスオーヤマ 非常用飲料水袋 10L用 MB-10(水入れた状態)

おすすめポイント

保管場所を取らない

普段は丸めたり、立てかけておくことで保管場所を取らない。また、水を入れた状態では積み重ねて保管することもできる。(ただし、積み重ねは4段まで)

袋を傾けても水がこぼれにくい

注入口に特殊な弁がついているため、袋を傾けてもこぼれにくい

防災意識が高まる

非常用飲料水袋を購入することで災害時に備え、他の防災用品を調査したり、災害時の家庭内の情報共有ルール等を話し合うことで防災意識が向上する

アイリスオーヤマ非常用飲料水袋10L用MB-10を実際に使用して

平成30年9月6日に発生した北海道胆振東部地震時に使用しました。

実際に使用してみてわかったことは

  • 10ℓの水は想像より重たいので、力がない人が給水車等から自宅へ水を運ぶ作業は苦労する
  • 水が漏れないための弁があり、コツを掴むまで水を出すのに苦労する

上記のネガティブな点があがりますが、水道水20ℓを確保できている安心感には変えられませんでした。

水を入れていない場合、袋は収納スペースを取らない点はありがたいです。

また、下記のニュースも目にしました。

気になるニュース

1970年代やそれ以前に整備された水道管は強度が十分でないため、いつ水道管が破裂し、水が使用できなくなるかわかりません。

実際に北海道札幌市の一部エリアで今年、経年劣化による水道管接続部の腐食が原因で1日強、断水により蛇口から水がで出ない状況になりました。

水道管の法定耐用年数は40年でありますが、今回のケースは法定耐用年数を超えていなかったようです。

上記の場合や自然災害等の断水に備え、水を確保できるタンクは常備しておきたいところです。

日常生活で水が確保できなくなると、とても不便になり、場合によっては命を落としかねません。

皆さんも、断水に備えて水を確保できるタンクの準備を検討してみてください。

こちらで>>アイリスプラザ確認できます。

本ブログでは下記のページにて防災用品リストを紹介しています。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、エンタメ(映画含む)、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする