疲労が取れない方に読んで欲しい書籍「脳が不快なこと」をやめれば健康になる

「脳が不快なこと」をやめれば健康になる(表紙)レビュー
スポンサーリンク

以前、脳疲労を悩んでいた際に出会った本を紹介しましたが、今回はその時に本屋で見つけたもう一冊の書籍を紹介します。

【「脳が不快なこと」をやめれば健康になるの書籍概要】

扁桃体の概要と偏桃体を整えることで健康を手に入れる方法を紹介した書籍

【「脳が不快なこと」をやめれば健康になるの書籍情報】

  • 発売日:2018年6月19日
  • 形式:単行本(206ページ)
  • 出版社:サンマーク出版
  • 著者:石川陽二郎
  • 価格:1,400円+消費税
  • ISBN-13:978-4763136985

【「脳が不快なこと」をやめれば健康になるの書籍を撮影】

書籍の表紙を撮影

「脳が不快なこと」をやめれば健康になる(表紙)

書籍の裏表紙を撮影

「脳が不快なこと」をやめれば健康になる(裏表紙)

【「脳が不快なこと」をやめれば健康になるを読んでのおすすめポイント】

偏桃体の役割と扱い方を習得できる

扁桃体が不快と感じるケースは不安や恐れといった感情であり、偏桃体が乱れが自律神経の乱れや免疫力低下に繋がる

従って、偏桃体を快に感じることをすれば良く、その方法(皮膚、目、耳、鼻、口、腸センサーの活用)を知り、実践することができる。

健康でいるありがたさを再認識させられる

病気になった時に気づくことが多い健康な状態でいることの大切さ、ありがたさを再認識させてくれる

過去の私を振り返ると、朝起きた時から不安を感じていない(扁桃腺は快に感じる)1日は確かに、楽しく、そして健康である1日でした。

しかし、不安を感じる(偏桃体が不快に感じる)1日は憂鬱なことが多かった記憶です。

この書籍を読み終え、偏桃体の感じ方によって健康的な生活を送れるかどうかが変わることを知ることができました。

良書に巡り合えたと思いますので、皆さんも本ページの情報を参考にしてみて下さい。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする