株式投資初心者は何から始める?バカでも稼げる「米国株」高配当投資

バカでも稼げる米国株高配当投資(表紙) レビュー
スポンサーリンク

株式投資に興味を持ったはいいが、どこの国のどの企業の株を購入することで収益を確保することができるのか迷っている際に見つけた1冊です。

米国株は英語の読解力がないと難しく、投資対象としてハードルが高いという先入観がありましたが、この書籍を読み終えてその懸念が払拭できました。

結果、実際に米国株投資を始めることにができました。

今回は、そんな1冊を紹介します。

【書籍概要】

米国株で永続的に配当金を得るための流れを紹介している書籍

【バカでも稼げる「米国株」高配当投資の書籍情報】

  • 発売日:2018/4/28
  • 形式:単行本(208ページ)
  • 出版社:ぱる出版
  • 著者:バフェット太郎
  • イラスト:はるたけめぐみ
  • 価格:1,500円+消費税
  • ISBN-13:978-4827211191

【書籍を撮影】

書籍の表紙

バカでも稼げる米国株高配当投資(表紙)

書籍の裏表紙

バカでも稼げる米国株高配当投資(裏表紙)

【株式投資の初心者へのおすすめポイント】

米国株式投資に対するリスク分散方法を紹介

分散投資によるリスク低減の考え方をグラフを用いて紹介している

購入した方が良い米国企業株の紹介

営業キャッシュフロー、配当利回り、連続増配年数等を表にした米国企業一覧表が紹介されている

米国企業株への投資の始め方を紹介

米国株の購入や米国企業の情報収集可能な証券会社を紹介している

【バカでも稼げる「米国株」高配当投資を実際に読んでみて】

私は米国株とは日本株より株価下落や無配当のリスクが高そうというイメージがあり、米国株式投資はハードルが高いと決めつけておりました。

しかし、米国株式投資への考え方が紹介されており、この一冊を読み終えると米国株式投資が面白そうだなという考えに変わっていきました。

これを機に私も米国株投資を始めてみます。

始めました

コメント