非常食のアルファ米はどこに売っている?尾西の田舎ごはん

尾西の田舎ごはんレビュー
スポンサーリンク

過去に保存食として大活躍間違いなしのアルファ米「尾西の白飯」を紹介しましたが、今回は尾西のごはんシリーズ「尾西の田舎ごはん」を紹介します。

※他にも下記の尾西の保存食を紹介しています。

【尾西の田舎ごはんの商品概要】

  • 四種類のきのこが混ざった田舎ご飯(お湯や水を適量加えるのみ)
  • スプーン付き

【尾西の田舎ごはんの商品情報】

  • 発売元:尾西食品株式会社
  • 価格:367円(税込)(亀田製菓ネットショップ10袋入り3,672円(税込)より算出)
  • 原材料名:うるち米(国産)、味付乾燥具材(食塩、食用植物油脂、ぶなしめじ、乾燥人参、たけのこ、砂糖、乾燥椎茸、なめこ、乾燥きくらげ、水煮わらび、かつお節エキス)/ソルビートル、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンE)
  • 内容量:100g 
    ※市販のおにぎり(約100g)2.5個分ぐらいの量
  • 出来上がり量:260g
  • カロリー:362㎉
  • 保存期間:製造日より5年

【尾西の田舎ごはんを撮影】

商品の正面を撮影

尾西の田舎ごはん

【尾西の田舎ごはんのおすすめポイント】

調理が簡単

お湯や水を適量加えるだけで、混ぜご飯を食べられるため、子供でも調理することができる

味付があっさりしている

ぶなしめじ・しいたけ・なめこ・きくらげの四種類のきのこが入った混ぜご飯であり味があっさりしているため、濃い味が苦手な人でも食べれる

長期保存が可能

5年の長期保存が可能なため、災害時等の非常食として役立つ商品である

きのこたっぷりの混ぜご飯はどこか懐かしい味がしますよね。あっさりした味付けなので年配の方や薄味を好む方にとって重宝する保存食となります。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする