WordPressのセキュリティ対策でメタ情報を非表示にする設定方法を紹介!

WordPressのセキュリティ対策でメタ情報を非表示!設定方法を紹介!の手順書画像_1 ブログ運用
スポンサーリンク

最近、他の方がWordPressで運営しているブログを閲覧する機会があったのですが、ブログのトップ画面に下記の画像のような、「メタ情報」が表示されていました。

WordPressのセキュリティ対策でメタ情報を非表示!設定方法を紹介!の手順書画像_1

この「メタ情報」からログイン画面にアクセス出来るので、セブンペイ等、昨今話題になっている不正アクセスに繋がりかねません。

悪意ある第三者にWordPress管理画面へ不正アクセスされると

  • ブログ運営者のメールアドレス等の個人情報流出
  • テーマファイルや投稿記事の改竄
  • 不正サイトへの誘導プログラムの埋め込み

等、自分が被害を受けるだけでなく、犯罪に加担してしまうこともあり得ます。

「メタ情報」に含まれる、

  • 投稿のRSS
  • コメントのRSS

機能はプラグイン等を利用すれば使えるようになるので、不正アクセス対策を優先し、「メタ情報」を非表示にしましょう。

※厳密には「メタ情報」を非表示にしても、WordPressインストール時の設定のままだと、ログイン画面へアクセス出来てしまいます。

  • https://サイトのURL/admin/
  • https://サイトのURL/login/
  • https://サイトのURL/wp-admin/

従って、本手順より、「メタ情報」を非表示にした後、WordPress不正ログインセキュリティ対策設定手順でログイン画面のURLを変更しましょう。

【WordPressのセキュリティー対策でメタ情報を非表示にする設定方法の手順書について】

  • 本手順の対象者:WordPressへの不正ログインへのセキュリティ対策を行いたい人
  • 設定時間目安:1分
  • 手順書作成日:2019年8月1日

【WordPressのセキュリティー対策でメタ情報を非表示にする設定方法の手順書】

WordPressのログイン画面へアクセスし、ログインURLを控え、ユーザー名、パスワードを入力し、ログインボタンを押下します。

例:ログインURL https://dosankoblog-kazu.site/login.php

WordPressのセキュリティ対策でメタ情報を非表示!設定方法を紹介!の手順書画像_2

管理画面左の「外観」メニューを押下し、「ウィジェット」メニューを押下します。

WordPressのセキュリティ対策でメタ情報を非表示!設定方法を紹介!の手順書画像_3

それぞれウィジェットメニューのプルダウンメニューを選択し、ウィジェットメニューの構成要素を表示させます。

※メタ情報が設定されている場所を探すためウィジェットメニューの構成要素を表示させます。

WordPressのセキュリティ対策でメタ情報を非表示!設定方法を紹介!の手順書画像_4

メタ情報のプルダウンメニューを選択します。

WordPressのセキュリティ対策でメタ情報を非表示!設定方法を紹介!の手順書画像_5

削除リンクを押下します。

WordPressのセキュリティ対策でメタ情報を非表示!設定方法を紹介!の手順書画像_6

ウィジェットメニューの構成要素からメタ情報が削除されていることを確認します。

WordPressのセキュリティ対策でメタ情報を非表示!設定方法を紹介!の手順書画像_7

運営しているブログのトップ画面にメタ情報が表示されていないことを確認します。

WordPressのセキュリティ対策でメタ情報を非表示!設定方法を紹介!の手順書画像_9

お疲れ様でした。

「メタ情報」の非表示設定が完了した方は、WordPress不正ログインセキュリティ対策設定手順でログイン画面のURLを変更しましょう。

コメント