ユーエスエス(USS)の株主優待や株価は?ユーエスエスはオートオークション事業で20期連続増配企業

ユーエスエス(USS)の株主優待や株価は?ユーエスエスはオートオークション事業で20期連続増配企業_1 投資
スポンサーリンク

2019年も6月下旬に突入しましたが、この時期は企業の株主総会が開催される時期ですね。

我が家でも保有している株式の企業より、株主総会開催案内の書類が自宅宛てに届いていますが、一緒に株主優待が送られてくることもあります。

今回は、ユーエスエスという中古オークション事業で収益を上げている企業より株主優待のQUOカードを頂きましたので、簡単にユーエスエスの企業情報と株主優待情報を紹介します。

【ユーエスエスの株価】

2,165円(2019年6月21日時点)
yahooファイナンスで最新の株価をご確認下さい。

【ユーエスエスの株主優待】

ユーエスエス(USS)の株主優待や株価は?ユーエスエスはオートオークション事業で20期連続増配企業_1
  • 100~400株:QUOカード500円分1枚←私はこれを頂きました。
  • 500~999株:三井住友VISAギフトカード2,000円分
  • 1,000~9,999株:オリジナルグルメギフト(5,000円相当)
  • 10,000株:オリジナルグルメギフト(10,000円相当)

詳細はユーエスエスの公式サイトで確認下さい。

【ユーエスエスの株主優待利回り】

QUOカード500円を年2回貰った場合

0.46%(=1,000円÷216,500円)

株主優待最低取得額:216,500円(2019年6月21日時点)で株主優待利回り、配当金利回り、株主優待+配当利回りを算出

【ユーエスエスの配当金利回り】

1株当たり51.2円の配当金
100株→5,120円の配当金
2.36%=(5,120円÷216,500円)

※配当金にかかる所得税および住民税は考慮せずに算出

【ユーエスエスの株主優待+配当利回り合計】

0.46%(株主優待QUOカード)+2.36%(配当金)=2.82%

【ユーエスエスの株主優待】まとめ

株主優待+配当利回り合計が2.82%で投資回収期間を算出すると、36年(=100÷2.82)保有で投資金額を回収できます。
※2019年と同等の株主優待商品、配当金が貰える条件

36年で投資金額が回収となると少々時間がかかりすぎですね。

ただし、今後の増配と株価上昇に期待できる材料があると踏んでいます。
下記3つの表を見てみましょう。

表1 ユーエスエスの直近5年間の連結売上高と営業利益の推移
※ユーエスエス第39期通期インベスターズガイド4Pより引用

ユーエスエス(USS)の株主優待や株価は?ユーエスエスはオートオークション事業で20期連続増配企業_2

表2 直近5年間の新車、中古車登録台数の推移
※ユーエスエス第39期通期インベスターズガイド4Pより引用

ユーエスエス(USS)の株主優待や株価は?ユーエスエスはオートオークション事業で20期連続増配企業_3

表3 上場してからの配当金の推移
※ユーエスエス第39期通期インベスターズガイド8,9Pより引用

ユーエスエス(USS)の株主優待や株価は?ユーエスエスはオートオークション事業で20期連続増配企業_4

表1、表2より新車、中古車の登録台数に変化がないこともあり、直近5年間の営業利益が安定しているように見えます。

結果、上場してから20期連続増配が実現できています。

今後の企業成長で着目する点は

  • 高齢ドライバーのアクセルとブレーキ踏み間違えによる事故
  • AIによる自動運転の普及

がユーエスエスのメイン事業である、オートオークションとどのように関係してくるかだと思っています。

上記2点に対応した新しい車が日本国内で普及すると、中古車は安全性の観点で日本国内でのニーズに変化が出てくると推察します。

そのため、中古車は海外輸出市場での売上拡大が安定した収益の確保に繋がるのではないでしょうか。

現状、アフリカ諸国やロシア向けの輸出台数が堅調なので、更なる海外輸出市場での売上拡大に期待します。

コメント