赤ちゃんにはちみつをなめたり食べてしまうのはなぜだめ?理由はボツリヌス菌が原因の「乳児ボツリヌス症」

乳児ポツリヌス症子育て
スポンサーリンク

YAHOOニュースで気になる記事を見かけました。

「乳児はちみつ(ハチミツ)注意」、死亡事故受け表示義務化

乳児ポツリヌス症

妻から子供が生まれてくる前、子育てにおける注意事項の1つとして、「赤ちゃんにはちみつをあげてはいけない。はちみつに入っている菌によって死んでしまうこともあるから。」と言われました。

私ははちみつに、赤ちゃんが死んでしまう可能性のある菌が入っていることなど、知りませんでした。

もし、妻もはちみつに関する知識を把握していなければ、気付かないうちにはちみつ入りの食べ物を与えてしまっていたかもしれません。

また、おじいちゃんやおばあちゃんも孫に対してはちみつを与えてしまう可能性もあるかもしれません。

今回、自分自身の知識定着化を目的として「乳児ボツリヌス症」について調査してみました。

【ボツリヌス菌が原因の「乳児ボツリヌス症」について】

ボツリヌス菌の特徴

酸素の少ない状態で発芽して増殖し、致死性の毒素(ボツリヌス毒素)を産生します。
乾燥や熱に強い「芽胞(がほう)」を形成する菌で100℃数分間の加熱でも生き残ることがあります。

乳児ボツリヌス症

生後1歳未満の赤ちゃんにおいては、腸内環境が成人とは異なり、毒素を放出するボツリヌス菌が管内で定着し、増殖が起こりやすいとされます。

生後1歳以上になると、離乳食等により腸内環境が整う時期となるため、ハチミツを避ける必要はありません

乳児ボツリヌス症の症状

便秘が数日間続き、全身の筋力低下、脱力状態、哺乳力の低下、泣き声が小さくなる、特に、顔面は無表情となり、頸部筋肉の弛緩により頭部を支えられなくなるといった症状を引き起こすことがあります。

ほとんどの場合、適切な治療により治癒しますが、まれに亡くなることもあります。

乳児ボツリヌス症の感染源

芽胞を含むハチミツが多くの事例に関係しています。

そのため、両親や保護者には、1歳未満の幼児にハチミツを与えてはいけないと警告されます。

原材料にはちみつが使用されたスイーツ類、パン、ジュースや黒糖、コーンシロップ、自家製野菜ジュース、井戸水等から感染する場合もあります。

※消費者庁や厚生労働省検疫所のHP記載内容を参考にしています

乳児ボツリヌス症の診断方法

赤ちゃんが食べた食品、便・血液からボツリヌス毒素が検出されることで診断されます。

乳児ボツリヌス症の治療方法

呼吸管理と栄養管理、輸血を行い症状を軽減させる対症療法を行うことが多いです。稀に、抗菌薬投与による除菌が行われる場合があります。

乳児ボツリヌス症の予防方法

生後1歳未満の赤ちゃんにボツリヌス菌が混入している可能性のある食品をあげないことです

赤ちゃんがはちみつをなめたり食べてしまったら?のまとめ

調査して改めて、赤ちゃんが口にするものには注意しなくてはいけないなと痛感させられました。

貰ったお菓子等も安易に赤ちゃんに与えてはいけないので、皆さんも食の安全には気を付けて下さい。

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする