北海道胆振東部地震(平成30年)札幌で被災 被災状況と教訓をまとめた 

平成30年北海道胆振東部地震日記
スポンサーリンク

地震発生時の様子

平成30年9月6日3時8分、我が家では全員就寝していましたが、激しい揺れを感じ、目を覚まして茶の間のテレビを付けました。

テレビの情報で北海道胆振地方東部で、マグニチュード6.7の地震が発生したとわかりました。

震源の深さ37㎞、最大震度は厚真町の震度7(地震発生当初は観測データを送信できず翌日観測データを送信し判明)で、北海道で震度7以上の地震が観測されたのは、観測史上初めてでした

ポータブルラジオで情報収集

テレビで情報収集しておりましたが、3時30分頃から停電し、電気が使えない状況に陥りました。

幸い、以前、本ブログで紹介した防災ラジオを所持していましたので、手回しで発電し、防災ラジオから情報を収集できました。

防災ラジオからの情報より、停電期間は1週間程度続くかもしれないと想定しておりましたが、北海道電力や他電力会社の方々の連夜の夜通し作業によって、翌日9月7日20時30分頃に停電が解消されました。

電気が付いた瞬間は電気のありがたみを切に感じました。停電復旧作業に関わった皆様、自身も大変な状況の中、本当にありがとうございました。

現在(9月8日8時時点)、まだ、停電中の地域もあるようなので、早く停電が解消されることを願っております。

本ブログでは、以前、下記の防災用品を紹介してきました。

  1. 赤ちゃんの純水
  2. 携帯浄水器
  3. 非常用飲料水袋
  4. 湯わかしBOX
  5. 緊急ミニトイレ
  6. 携帯簡易トイレ
  7. 白飯
  8. 五目ご飯
  9. えびピラフ
  10. ドライカレー
  11. カンパン
  12. サバイバルパン

事前に防災用品を備えており安心できた面もあれば、こういったモノが足りないと言った新たな気づきもあり、災害時の生活に必要なモノや情報は何なのかを、肌で実感しました。

今後、更に必要なモノや、知識、心構え等を備忘録としてまとめていきます。

地震は1週間程度、余震やさらに大きな地震が発生する可能性もあるとのことで、油断できない状態です。

気を引き締めて生活してきます。

 

ディフィンドフューチャー

コメント

dosankokazu

北海道札幌市在住の生粋道産子です。
パパ歴2年目。
子育て、北海道、グルメ、体験談、エンタメ(映画含む)、日常生活で役立つ情報等を発信します。
娘の笑顔を糧に日々奮闘。

dosankokazuをフォローする